段ボールはリサイクルの優等生

ダンボールのリサイクル循環

輸送・保管

大切な製品を効率よく梱包し輸送する時、製品を保管する時、
物流のあらゆる場面において段ボールは大きな役割を担っています。

製紙工程

段ボールの主原材料は、段ボール原紙と糊です。
なかでも、段ボール原紙の原料は、古紙とパルプです。
段ボール原紙の原材料の90%以上が使用済み段ボールです。
つまり、新しい段ボールの主原料の大部分は使用済みの段ボールです。
再利用の際も水のみで繊維をほぐし、製紙を行うことができます。

併せて原料になっているパルプも、地球環境と生物多様性に配慮された木材原料(チップ)を使用しています。

製箱工程

出来上がった段ボールシートに、印刷や切れ込み等の加工を施します。
また、印刷後型抜きをし、シート状のままユーザーに届けられるものもあります。
これらは梱包工程で箱型に組み立てられます。

古紙回収 段ボールのリサイクルにご協力ください 

段ボールの回収率は約95%以上にも達します。
使用済み段ボールは貴重な資源です。
使用済み段ボールは、回収され再び新しい段ボールに生まれ変わります。

循環型で再生可能な段ボール。
段ボールのリサイクルシステムは、正しい分別による高い回収率に支えられています。
限りある資源を有効に活用するために、これからも皆さんのご協力をお願いいたします。

本社・本社工場

御船工場

ページ上部へ戻る